2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
プロフィール

ぽよん

  • Author:ぽよん
  • 来ていただいて~
    ありがとうございます

    那須高原が近いところに住んでます。
    旦那さんと、子供が2人います。



    私のHPです。
    遊びに来てください

    私のお気に入りの
    ページはこちら

    写真ブログはこちらです



    あたらしく作りました
    ページはこちら




    結界師公式バナー
ほっとけない 貧しさ・・・・
ほっとけない 世界のまずしさ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Wedding Anniversary

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ちょっと 不思議な体験。
これから 書くことは、実話です。

一応。・・・ここから夕べあったお話を書きます。

怖いお話とか・・・苦手な方は、ご遠慮ください。(そんなに怖くないよ)
いつものように、休もうとした時、

旦那さんはテレビをつけたまま、リビングで寝てしまいました。

何度も何度も起しても、起きないので、お布団をかけて、

テレビを消して私は寝室に。

昨日は午前中寝てしまったせいか、12時を回っても寝付かれず、

図書館から借りてきた本を、読んでいました。

何分かたった後、旦那さんを起そうとしましたが、

めんどくさがって、寝室から電話を鳴らしました。

リビングと寝室はすぐ近くなんですよ。

電話を何回か鳴らした後、旦那さんが起きたような、声がしたので、

テレビを見始まったんだと思ったのです。

お笑いか何かわかりませんが、何人かでお話しているような

音が聞こえてきました。

また時間が過ぎて。。私はトイレに行こうと。。。リビングを通って

????旦那さんのいびき??
テレビ付いていないじゃない?


血の気がさっと引きました。

旦那さんは一度も起きずそのまま寝ていたとのこと。

旦那さんは「幻聴じゃないの?」って笑っていたけど。


そういえば。。。。確かに昨日はなんとなく、一人で家にいても????
と思うことがあったので。。


今度は、台所に行って、なんか歌声が聞こえるんですよ。

しかも声が、女性なのがわかります。


旦那さんには、聞こえていないの・・・

私は、怖くってお布団にもぐって寝てしまいましたよ。

結構こんな体験が多い私。

最近無かったのにな~。母の命日近いからかな?

読んでくれた方 ありがとうです。
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

こんにちわ(*^-^)
もしかしたら、お母さんなのかもしれませんね^^
そうじゃなかったら。。。
怖いです。。゛(ノ><)ノ ヒィ

あたしは、結構聞こえたり感じたりするほうなので
家にいるときに誰か後にいるような感覚になったり
声が聞こえたり足音が聞こえるのは日常茶飯事なのですΣ(T□T)
慣れたらダメなんですが、慣れてきちゃいました(;O;)


ぽよんのお母さんだったんだよ、きっとね。笑ってたんでしょ?たぶん、娘(ぽよんのことね)自慢してたのかもね。
もし、違っていたとしても「素敵なおうちね」って言ってたんじゃないかな?
何がいいことがある前ぶれだといいね。
(*゜ro゜)…怖い笑い声じゃ…なかったんだよね?


付け加え
違ってたと言うのは、他の…だったとしても…という意味ね。


ホシコさんへ
読んでくれてありがとうです。
んーーー。不思議です。母であって欲しい。
次の日には、何にも感じなくなりました
ホシコさんもですか~?こういう感覚は、ほかの方にはなかなか。。。。理解は難しいですよね。
私の場合、はっきりとした(見えた)とが、時によって違うので。余計見たいです。
半分慣れてきているかも・・・


沙奈さんへ
こんばんは。読んでくれてありがとう。

結構こんなこと あるのよ(笑)
お母さんなのかな?笑っていたというか。お笑いのボケ突っ込み見たいな会話が、テレビで流れていると思ったのでした。
聞こえたはずなのに・・・テレビ付いてないのでした。
余計なことをいってしまったかも?

母は、笑うことが好きだから、私のこと心配してきてくれたのかも?体調よくなかったし。
気を使わせちゃったね。沙奈さんありがとうです!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。